自由気ままに自分の都合で動ける一人旅

気ままに動けるのが良い点

私は人の都合に合わせがちなところがあるため、一人旅のほうが好きです。一人で店に入ったり、レジャー施設に行くのはまだ気が引けますが、名所散策などは一人でできるようになりました。一人旅では自分の好きなスポットで好きなだけ足を止めることができます。歩く方向も速さも、すべて自分で決められます。気ままにふらふらできるというのは、とても贅沢なことだと分かりました。これが最大のおすすめできるポイントです。

一人では視線が気になることも

おひとり様という言葉が聞かれるようになり、一人で行動することが容認されるようになってきつつありますが、やはりまだ一人でいると周囲の視線が気になる場所もあります。ディズニーランドや現地の有名寿司店などは、私の場合はまだとても一人では入れません。一人でいると人目を引く場には行きづらいというのが、一人旅の悪い点です。人気がまったくなかったり物騒だったりする場所も、一人で行くのはやめたほうがいいでしょう。

実際に購入するものは少ない

気ままな旅ですから、どうしても必要なものというのは特にありません。一番重要なのは、歩きやすい靴です。邪魔にはなりますが、替えの靴を携帯していきたいほど大事なものとなります。長く歩くことになりますから、よく靴ずれができます。バンドエイドで応急処置はできるものの、そうならないに越したことはありません。途中で靴がだめになるということも想定すると、現地で常に靴が調達できるわけではないので携帯するのが良さそうです。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。