クルーズで瀬戸内海を望む 広島県・厳島神社

高校時代の友だちとの旅行

結婚して地元を離れてしまいましたが、同窓会に参加したことがきっかけとなって高校時代の友だちと一年に1回国内旅行へ出かけるようになりました。学生時代の気のおけない友だちなので楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。今年は広島県の厳島神社にお参りに出かけることになりました。私自身はインドア派なので、一人だったら絶対に行くことはありませんが、友だちが全て準備をしてくれるので助かります。

牡蠣や穴子など美味しいものばかり

秋の紅葉の季節にでかけたので、厳島神社は大勢の観光客で賑わっていました。厳島神社までは広島駅から少し遠く、電車とフェリーを利用しての移動は思ったより時間とお金がかかりました。少し風がひんやりとしていて冬の訪れを肌で感じることができました。広島といえば牡蠣や穴子で知られています。宮島駅近くの穴子丼を食べさせてくれるところで、できたての穴子丼に舌鼓を打ちました。ふんわりとして柔らかくてあの味を忘れることはできません。出店も多くて炭火で焼いた焼き牡蠣を提供してくれるお店で牡蠣をいただきました。

クルーズで瀬戸内海を望む

今回楽しみにしていたのは、瀬戸内海の美しい風景を眺めることが出来る広島夕焼けクルーズです。夕日が沈む時間帯に90分のクルーズを楽しむことができました。天気も良くて秋晴れだったのできれいな夕日を見ることができて大変満足しています。大人1,000円で綺麗な景色を見ることができるのはリーズナブルだと思います。このプランを友だちが見つけてきてくれたので、参加してよかったと感じました。気のおけない友だちとの女子旅はこれで3回目ですが、毎回楽しい時間を過ごすことができます。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。