DIYで棚製作をやってみて分かった事

DIYで棚製作をやってみて分かった事

DIYでオリジナルの棚を作ってみて良かった事は、自分の作りたいサイズや段数の棚を自由自在に作る事が出来る点です。市販品と異なるのは、自宅のスペースに合わせたサイズの棚が作れるため、スペースが余ったり、スペースに置けないといった事を避けられます。棚板を増やして段数を多くしたり、収納する物に合わせたオリジナルの物が製作出来るのが、大きな利点でおすすめ出来るポイントである事が分かりました。

悪かった事は、DIYが慣れていないと、かなりの時間を要してしまいます。特に作る前の段階で、図面をしっかり描いておかないと思い描く物を作る事が出来ず、修正を繰り返して上手く作る事が出来なかったり、大幅に時間を使ってしまいます。DIYでの製作段階で、採寸や図面をしっかり書いておけば、イメージする棚を作る事が出来ると、やってみて改めて感じる事が出来ました。

DIYを始める前に揃えた方が良い準備

DIYで自作の棚を作る前に図面を書いて準備しておくと良いです。
六角レンチ、電動ドライバー、ハンマー、ヤスリなどの道具を事前に揃えておくと良いです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。