見ているよりやった方が楽しいサーフィン

サーフィンに年齢は関係ない

夫は根っからの海好きで、暇があるとボードを車に積んで海に出かけていましたが、私は一度もしたことがなく、家で留守番するか海に行っても浜で夫が波に乗っているのを見ているだけでした。ただ、私たちには子どもがいないため、どちらにしても待っている時間は退屈で、いつも気分が暗くなります。毎回夫からは誘われていたものの年齢を理由に断っていましたが、ある時、時間を無駄にしていることに気付き思い切って夫の誘いに乗ってみることにしました。まず、知り合いのサーフショップで必要なものを一式購入し、夫の手ほどきでサーファーデビューしましたが、サーフィンの良い点としてまず言えることは「楽しい」ということです。もちろん、初めてでボードの上に立ったり波に乗ることはできませんでしたが、波と一体になる感覚は海で泳いだりボートに乗ったりしているのとは明らかに違うことがおすすめできるポイントです。また、私と同年代のビギナーサーファーもかなりいて、サーフィンを始めるのに年齢は関係ないとその時実感しました。

体力が無いので始めは大変

初めてのサーフィンは時間を忘れるほど楽しく私の既成概念を覆すものでしたが、楽しいばかりではありません。当日は良かったものの翌日になって腕と腿が重だるくて大変な思いをしました。日常生活ではすることのない動きをするため、普段使っていない筋肉を使うことがその原因だということは判っていましたが、今までに経験したことのない体の重さは想像以上のものがありました。回復するのに3日ほどかかったものの、またボードに乗って翌日辛いということを数回繰り返した結果、気付いたら翌日重だるいということななくなっていました。それどころか逆に体力が付いたようで、階段などを登っても呼吸が乱れることが少なくなりました。もっと早くから始めていればよかったと思いますが、強いて言えば日焼けしてしまうことがサーフィンの悪い点でしょうか。体はウェットスーツを着ているので大丈夫ですが、顔は日焼け止めクリームを塗っていても明らかに焼けているのが分かるので、近々サーファー御用達のクリームを購入するつもりです。

思ったより費用もかからない

サーフィンを始めるに当たって実際に購入したものは、サーフボードとボードと足を繋ぐリーシュコード、ウェットスーツ、ワックスで、ボードは初心者におすすめのロングボードにしました。費用はボードで7万円、ウェットスーツで2万円とその他で10万円程度と予想していたので意外と安く始められると思っていましたが、実際にかかった費用はボードが3万円でリーシュコード5千円、ウェットスーツが3万円、ワックス千円で合計して7万円未満と更に安く済みました。夫の知り合いのサーフショップで購入しましたが、一番値段が張ると思ったボードに程度の良い中古品をすすめてくれたのでウェットスーツをワンランク上のものに変更できたことが良かったです。既に始めてから5年ほど経ちましたが、始める前と現在を比べると、今の方が生活にハリが出て気持ちまで軽くなったような気がします。もし、年齢を気にして躊躇している人がいるなら、まずは思い切ってサーフショップに一度足を運んでみることをおすすめします。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。