猫をブリーダーから購入してみた

猫をブリーダーから購入してみた

ブリーダーから購入するのが良い点

実際に購入した経緯をお話ししますと、以前飼っていた別の猫が亡くなって数年経ち、また猫との生活を送りたくなりインターネットで調べたことがきっかけです。ブリーダーがどのような方なのか、また産まれてからの間どのように育ててきているかを具体的に知ることが出来る事が一番良い点です。その後の猫との生活をスムーズに始めるためには、こういった情報が非常に役立つので、おすすめできるポイントです。

ブリーダーから購入する場合の悪い点

ペットショップと比べて購入後のサービスが無い事です。ペットショップならば、病院を併設していたり連携している動物病院があって、予防接種を受けたり食事や子猫の時の健康面で気をつける事などを気軽に相談できますが、それが出来ないのが悪い点です。自分で信頼できる動物病院を探すのは慣れない事なのでなかなか難しく、突然猫の調子が悪くなってしまった時などには不安に駆られ、とても焦ってしまいました。

コストと実際に購入したもの

薄い灰色と黒色が混じった毛並みのアメリカンショートヘアの子供を購入しました。コストはペットショップで購入するより半分近く安いです。生き物の場合、成長が進むに従って値段が安くなる傾向がありますので、産まれたてよりは少し成長した方が更にコストは低いかもしれません。しかし値段で決めるというよりは、性格の相性だったり好きになれそうかという点の方が重要なポイントかと思いますので、色々な視点から検討するのが良いと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。