書道を習うきっかけ

子供と一緒に始めました

書道を習うきっかけは、子供のためでもありました。お家で何度も練習して文字を綺麗に書くことができない娘のために、プロによる指導が必要だと感じるようになったからです。お友達同士で通うのもよいのですが、丁度このころ夫が自営業を始めたこともあり、何かと私自身も筆を持つ機会が増えました。自分の字に対しての自信が持てなかったことや私自身も本格的な指導を今まで受けたことがなかったので、この機会に親子で書道を習うこととなりました。

教室探しはママ友達の口コミが一番です

教室探しをするうえで大切なのはママ友達とのネットワークでしょう。自宅近くにはいくつかの書道教室があるのですが、子供だけが対象なところや指導方法の違い、時間帯などにも違いがあり、自分たちにあった教室を探すためにはいろいろな情報が必要となるので、実際に子供を通わせたことがあるママ友達の生の声はとても参考になりました。失敗しないお稽古事選びをするためには、こうしたものを参考にするのがおすすめです。

書道教室に通ってみてわかったこと

書道教室に通い始めて感じたことといえば「書は奥が深い」ということです。
字を書くときには自分の心理状態も大きく左右しており、気持ちが乱れているときには字も汚くなります。
反対に、精神的に落ち着いているときにはどんな難しい字であっても楽に書けることができるのです。
一つの文字に愛して集中して書くということは大人になってからは早々にないことです。
思わぬ脳のリラックス効果につながり、書道教室に通ってよかったと感じています。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。