ゲーム実況系YouTuberを実際にやってみた

ゲーム実況系YouTuberってどうすればなれる?

皆さんはYouTubeでゲーム実況を見たことがありますか。私は数年前、趣味のゲームの攻略情報を知るためにYouTubeのゲーム実況を見ていたところ、とても面白い実況者さんを見つけたことがきっかけでよく見るようになりました。

次第にゲーム実況動画を見ているうちに自分も実況をやってみたいと思うように。ですが、どうやったらゲーム実況系YouTuberの方がやっているようなハイクオリティな実況ができるのだろうと全く想像がつきませんでした。私は思い立ったらすぐに行動しないと気が済まないタイプですので、その日のうちにとにかくマイクを必要だろうと思い家電量販店で購入してきました。

しかし、ここからが問題です。この先どうすればいいのか全く思いあたりませんでした。とりあえず、YouTubeのアカウントは作りましたが、そこから先はさっぱりです。昔なら書店に向かってそれ関連の書籍を見つけるところですが、今は時代が違います。そう、インターネットで情報を調べました。するとあれよあれよと理解していき、ゲーム実況にこぎつけることができました。まず初めに用意したのはオーディオインターフェイス、自分の声にエコーをかけたりして実況にメリハリをつけたかったからです。

次に用意したのがパソコンとゲームキャプチャー。パソコンは言わずもがな、ゲームキャプチャーはゲーム実況において1番大事な代物です。これがないとそもそもゲーム画面をパソコンやSDカードに取り込むことができません。最後はパソコンの設定です。動画編集ソフトなども買いました。そしていざゲーム実況をやってみると、これが楽しくて仕方がありませんでした。実況を盛り上げるにはどうしたらいいか、プレイングの見せ方など、工夫すべきことがたくさんあって、とてもやりがいがあって良かったです。

ゲーム実況系YouTuberをするのに必要な機材

まず、ゲーム実況者になるために必要なものは、パソコン、ゲーム機本体、ゲームキャプチャー、マイク、必要に応じてオーディオインターフェース、これだけです。
ゲーム実況系YouTuberを始めるのに必要な道具としておすすめはAvermediaのAVT-C875というゲームキャプチャーです。
※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。