ガーデニングをしたときの体験談

ガーデニングの良い点

花屋でパートとして働き始めたとき、上司に勧められてガーデニングを始めました。正直、面倒だなという気持ちがあったのですが、植物を自分で育てることが商品知識を増やすことになるのでやってみることにしました。まず、ベランダでキュウリとミニトマトを育てたのですが、実際にやってみると日々植物の成長を間近で見ることが出来て、楽しかったです。ガーデニングのおすすめできるポイントは、採れたて野菜を食べられることです。

ガーデニングの悪い点

収穫できる間は良かったのですが、寒くなってくると枯れてしまい、当然ですが片づけをしなくてはならなくなります。キュウリやミニトマトはマンションのベランダで育てていたので、不要になった土を廃棄する方法に迷いました。近所に捨てるわけにもいかず、住まいの地域は土を普通のゴミ回収には出せなかったため、仕事先の店に少しずつ持参して廃棄しました。土はかさばり量があると重いので、持って行くのが大変でした。

実際に購入したものとコスト

実際に購入した物は、キュウリとミニトマトの苗の他に、野菜用の培養土や土が流れ出ないようにするための鉢底石と植えるための鉢2つ、それに野菜用の化成肥料と支柱です。かかったコストは、必要なものを買い揃えた初期費用2000円程度です。そのシーズンは野菜の肥料や培養土を買い足すことはなく、月額費用は特にかかりませんでした。特にキュウリは沢山収穫できたため元は取れたので、やってよかったです。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。