40代陶芸教室に通い始めました

40代陶芸教室に通い始めました

陶芸教室の良いところ

地域の情報誌に載っていた教室に興味を持って、40代ではじめて陶芸教室へ陶芸体験に行きました。
以前からいつかやってみたいと思っていたので、ちょうどいい機会でした。
ろくろを使わない手びねりを体験しました。2時間ほどかけていくつか作り、良くできたもの一つを選んで
焼いてもらいます。焼成が終わるまでに1か月半かかりました。完成品は郵送でも送ってもらえますが、
私は通うことにしたので、教室で直接受け取りました。
土に触れると無心になれて心地よく、ここが良い点でおすすめできるポイントです。

陶芸教室の悪いところ

陶芸教室の悪い点は、最初はなかなか思うように作れないことです。
シンプルな形でもいびつになったり、厚みにムラができたりと苦心しました。
入会してろくろも使いましたが手びねりよりさらに難しく、サポートしてもらわないとできませんでした。
土を捏ねるのは思った以上に力が必要で腕や肩や腰が疲れます。
また、服がとても汚れるので汚れても良い服装にします。
爪の間に汚れが入り込みますので、長い爪は陶芸には向きません。

コストとコストパフォーマンス

私の通う教室では、体験入学は3,000円位でした。
月に8回まで通える会員のコースで入会金と会費がともに10,000円です。
時間制限がなかったので、コスト的にはとてもお得だと感じました。
実際通うことを決めたのは、このコストの良さからです。
実際に購入したのはタオルと絵付け用の筆を一本だけでした。
あと新聞紙は持参でした。エプロンは教室で毎回貸してもらえました。
完成品を手にする時は、何とも言えない嬉しさがありました。
とても楽しいので、やってみて良かったです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。