足湯鉄道!とれいゆつばさで足の疲れが取れました

新幹線で少し贅沢をしてみたい

健康のためにハイキングや登山を趣味にしてから、仕事が休みになる休日はいつも電車で遠出をして歩くことを楽しんでいます。費用を安く済ませるために、いつも在来線を使用していますが、新庄から福島間の新幹線に足湯ができるサービスがあることを知り興味を持ちました。新幹線に乗車するときは別料金を支払うことになるので利用することは少ないですが、福島までの綺麗な景色を見ながらくつろげるのであれば贅沢する価値があると思い乗車することにしました。

人気で予約が取れないこともある

足湯ができる新幹線は週末に限られていることもあり、時間によってはすぐに満席になってしまうことがわかりました。どうせ乗るのであればサービスを利用したいと考えて、一度目の希望日では席が予約できなかったので、3週間先の日程で確保しました。新庄駅から乗ることになりましたが、その前に足を疲れさせておこうと考えていたのでハイキングをしてから乗車することに決めていました。新幹線内で山形ならではのジュースやワインを取り扱っていることがわかったので、食べ物は持参しないことにしました。

景色が見事で心も体も癒されました

予約していたこともあって、足湯をするスペースは十分に広いものがありました。足湯鉄道!とれいゆつばさは想像していたよりくつろぐことができ、とにかく景色が見事でした。体を傾けなくても窓を見ながら足湯ができるので、このまま寝てしまうのではないかと感じるほど気持ちよかったです。ハイキングをした後に、少し熱めのお湯が足をほぐしてくれて血行の巡りもよくなり体全体がぽかぽかしました。美味しいジュースやワインも用意してもらい、至れり尽くせりで良い思い出になりました。

筆者プロフィール
年代 40代
性別 男性
地域 千葉県

著者が利用したサイトJR東日本
※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

関連記事一覧

Loading Facebook Comments ...
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。