資格取得をして自宅で開業したかった

資格取得をして自宅で開業したかった

行政書士の資格で開業したかった

行政書士の資格取得を考えたのは、自宅で開業して自益業として活動したかったからです。残された人生を満喫するためには、自分の手で稼ぐ必要があり、それなら資格が良いと考えて選びました。行政書士の資格のおすすめできるポイントは、他の法律資格に比べて難易度が低めだという点です。もちろん、それは簡単という意味ではありませんが、コツコツ勉強していれば絶対に受からないということはないのでやる気を出すことができます。

資格を目指して良い点や悪い点

良い点は、手に入れた資格を基に独立して仕事ができる事でしょう。誰かに雇用されるわけではありませんので、自分のスタイルで働くことが可能です。逆に悪い点は、雇用されていないことによる不安定なところでしょう。確かに自由になる一方、自分の生活を維持するためには自分で稼がなくてはなりません。自己の名前と責任において経済活動をするので、雇用されるのに比べると大変なことも多くなります。その分やりがいは感じられます。

コストパフォーマンスについて

行政書士は数が多いので、あまり稼げないという評判もあります。ただし、その点は仕事の探し方の問題だと感じます。コストパフォーマンスについては、予備校の講座が意外と安かったので、悪くないです。実際に購入した講座は5万円くらいの講座でしたので、負担感はありませんでした。先生の指導方法に従うだけで成績は伸びていき、独学で勉強するよりは効率的に学べます。そのため講座の利用は悪くないと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。