料理の家事代行をしてみて思うこと

家事代行(掃除)の副業をやってみてわかったこと

家事代行の副業は、主婦歴が長い私にとってはうってつけのものだと思い始めました。もともと義理の父親が1人暮らしだったため、料理や掃除を時々していたのです。そのため何を必要としているのか等自然と分かり、高齢者の方のお手伝いだったら出来ると思いました。最初は義理の父の知り合いの方を手伝って欲しいというお話があり、エプロンだけ持ってお宅へ訪問。要望はお掃除だったのですが、お家に洗剤や道具などあると思い込んで行ったものの、足りないものだらけ。そうなんです。頼みたいという方は、何をどうしたら良いのかわからない、という方もいるのですよね。特に男性であれば洗剤もないことも少なくありません。この時は掃除機をかけることと、水拭きのみになってしまいました。よく考えればわかることなのですが、事前に何処のお掃除が希望かを確認する必要はありますよね。そして必要な道具や洗剤などを持っていけば、手早く済ますことも出来るし、突然の要望にも応える事も可能になります。こんな失敗が始まりでしたが、次回お願いされた時には水周りをとのことだったので、バケツの中に一式道具洗剤を入れてお宅へ向かいました。時間配分などはその場所の大きさや汚れ具合によるので、あれもこれもと沢山のお掃除を請け負うことは無理。2〜3箇所集中が捗ります。

最初にやっておいた方が良いこと

前述したのですが、依頼者のご希望をよく確認することが必要です。作業時間やこちらの準備を明確にしておけば、お互いに疲れることもないでしょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。