物置の奥に眠っていたロードバイク(自転車)でイベントに参加

地元のサイクリングイベントに参加

自分一人で手軽にできる運動不足解消方法を探していた時に、地元の情報誌に乗っていたサイクリングイベントに申し込んでみました。自宅の物置の奥に眠っていた15年ほど前の自転車を引っ張り出すと、すっかりほこりまみれです。一応、ロードバイクのタイプだったので、軽くメンテナンスなどの準備をして地元のサイクリング協会が主催するイベントに参加しました。
受付会場に行ってみると、子どもから70代くらいの高齢者まで30人ほどが集まっていて、会員と一般参加が半々といった感じです。私は長年、自動車ばかり利用していたので、すっかり自転車に乗る感覚を忘れていましたが、スタートすると「こんなに気持ちのいいものだったのか!」と自転車の魅力に改めて気付かされました。20キロほどのコースでしたが、無心でペダルをこぎ、あっという間の初イベントでした。

雄大な景色を眺めながら一人でサイクリング

次は「オホーツク自転車道」というコースに単独で挑戦しました。30キロほどの道のりで網走湖やサロマ湖などの雄大な眺めを満喫。機会があればぜひ走ってほしいおすすめのコースです。

おすすめ

すっかりサイクリングの魅力にはまり、協会にも入会して長年続けたいと思える趣味を持つことができました。

オホーツク自転車道

オホーツク自転車道

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。