ベトナムに実際に旅行で行ってみて

ベトナムに行って良かったこと

お盆休みの2週間ほど前にもかかわらず予定がなかった私は、申し込みの間に合う海外旅行がないか探していて空席があったベトナムのハノイ旅行に申し込む事を決意しました。お盆の時期にもかかわらず、5日間ほどで飛行機とホテル含めて料金が10万円以下だったのが即決した理由です。そこからはガイドブックなどを読み漁り、どの雑貨屋や食べ物屋に行きたいかなどを検討し地図に書き込んでいきました。
一番良い点だったのは、オーダーメイドのドレスを作れたことです。その場でサイズを測ってもらい生地を自分で選び、サンプルのドレスの中から参考になるデザインを選んで作ってもらうのですが、袖の長さやスカート部分の丈など細かく希望を聞いてもらえます。生地も縫製も非常にしっかりとしているのに、日本への郵送費込みで1着あたり5000円以下というやすさもおすすめできるポイントです。ベトナムに行ったらぜひドレスをオーダーメイドしてみてください。

ベトナムに行って大変だったこと

まずひとつめはバイクの交通量がとにかく多く、道路を渡るときも信号がないためそのバイクの隙間を縫うようにして渡らなければなりません。最初はバイクに引かれるのではないかと非常に怖くビクビクしながら渡っていましたが、大事なのは小走りで渡らないことです。バイクに乗っている人は通行人がいることに慣れているのでうまく避けてくれますが、こちらが走るとタイミングが分からなくなり逆に危険だと知りました。
そして旅行中に悪い点だと感じたのは、湿度の高い気候です。気温がそこまで高くなくても、湿度が高いと不快指数が高く、ジメジメとした空気で肌がべたつきます。慣れてしまえばあまり問題ないのかもしれませんが、旅行中は汗をたくさんかきジメジメとした不快さに耐えなければなりませんでした。暑いのが苦手な人には、少し辛いかもしれません。しかしその気候も含めてベトナムの雰囲気を感じられるところなので、現地らしさとして楽しんでください。

ベトナム旅行でかかった費用

飛行機とホテルのツアー代金で7万円ほどでしたが、物価も安いのでトータルで旅行料金は10万円程度でした。
食事は本当に安く、現地の人が行くようなレストランで少しこぎれいなところを選んでいましたが、1食あたり300円以内で食べられました。もともとツアーでついていたホテルの朝食が非常に充実していて、朝から麺類もおかずもフルーツもたらふく食べられたため、お昼は少し軽めにしていました。フォーなどのお店は、1杯100円ほどで十分楽しめました。
買ったものとして一番大きいのはオーダメイドドレスですが5000円ほどでした。それ以外には刺繍の施されたバッグや雑貨や洋服などをいくつか買いましたが、どれも1000円以下で日本の感覚よりはずっと安かったため、たくさん買ったにもかかわらずとても安く5000円程度で済んだと思います。
水上人形劇も見にいきましたがこれも数百円で見られたので、現地ではあまり大きなお金を使う機会はないです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。