ゴスペルを始めて歌う楽しさを知りました

内気な性格を変えてくれたゴスペル

子供の頃から人前で歌うのが苦手でした。そのため、友人達からカラオケに誘われても参加したことがなく内気な性格を直したいとずっと考えていました。偶然ご近所の奥さんがゴスペルサークルを主催されており、思い切って参加をしました。当初は上手く歌えるのかと不安でしたが、楽譜が読めなくても声さえ出して好きなように歌えばいいと言われて周りに合わせて声を出していたら、コーラスに自然と参加が出来て今は積極的に歌うようになっています。

英語の歌詞がある歌ばかり

ゴスペルとして歌える歌は、英語の歌詞が多いものばかりというのが悪い点です。高齢者なので今から英語を学ぶのはつらく、歌詞の意味がわからないまま歌ってしまうことが多くて感情を込められません。そのため、ゴスペルは英語が得意という方にはおすすめできるポイントになるといえます。なるべく空いた時間に英語辞書を使って歌詞の意味を調べており、正しい感情を込めて歌えるように日々努力をしています。

チームワークの大切さを実感

ゴスペルは団体で歌うので、チームワークがとても大切になります。また、アルト・ソプラノの割り当てがあり自分の声のトーンを知る為に家電量販店でボイスレコーダーを実際に購入して、声の調子を見るようにしています。良い点としては女性なので低い声も高い声も出すことが出来、歌によってパートを割り当てられるということです。おかげでどのような歌であっても参加することができていつも笑顔で歌えるようになりました。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。