ウォーキングダイエットでウエスト10センチ減

ウオーキングダイエットをやってみた感想

仕事が外回りから内勤が多くなり、歩く機会が激減しました。外回りの際は、ちょっとした距離なら徒歩にしていましたから、1度の外出で3キロは普通に歩いていました。それがなくなったことで、みるみる体が緩んできました。特にお腹のあたりにどんどん貫禄がついていったのです。そこで意図的に歩く機会を増やすためにウオーキングダイエットを始めました。

外回りで意識的に足を使ったのは一石二鳥を考えてのこと。ですから、ウオーキングダイエットをするにあたっては、わざわざそのために時間を割くことはしたくありませんでした。移動する必要をウオーキングダイエットの時間に転換する。私が活用したのは6キロ弱の帰宅時の移動です。1時間前後で歩くことを目標に毎日、徒歩帰宅しました。

もともと体を動かすこと好きなので、帰宅ウオーキングダイエットは私にとても合っていました。帰宅ラッシュにも巻き込まれませんし、夜の街をスイスイ歩きながらの帰路はとても快適でアイディアも湧いてくるという副産物もありました。特に決めていませんでしたが、当たり前のように毎日やりました。

春は心地よく、夏は帰宅時に汗だくになり、すぐにシャワーを浴びました。でも、それがまた気持ちいい。冬場は体がポカポカに温まるので上着なしで歩きました。始めて1年になるころにはすっかりお腹は元通りになりました。正直、これほど効果があるとは想像していませんでした。

そのせいもあり、やっているうちに一石二鳥精神がどんどん強くなっていきました。せっかく歩いているのだから、効果をより高めたい。そんな欲が湧いてきたのです。ただ漫然と歩くのではなく、姿勢を意識したり、しっかり腕を振ったりと運動として自分なりに進化させました。こうした工夫が継続につながります。おかげで姿勢も良くなり、若返ったような気さえします。やってみて本当に良かったです。

始める時に最初に揃えた方がいいもの

ウオーキングダイエットは続ければとても効果が出ます。ただし、単調なのでそれなりの工夫は必要です。私の場合は姿勢や腕ふりを意識しましたが、加えてGPSウォッチとウオーキングシューズにはこだわりました。

おすすめは、ファーウェイのバンド4プロです。GPS搭載で1万円を切る高コスパで申し分ありません。シューズは、アシックスのランニングシューズを愛用しています。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。