40代から剣道を始めてみました。

剣道を始めたきっかけ

学生時代は陸上を行っていましたが、それ以降運動らしいことは何一つせずに過ごしてきました。しかし40代を迎え、何か新しいことをやってみたいと思っていた時に出会ったのが剣道です。会社の同僚が子どもと一緒に始めていてその話をいつも聞いていました。防具を一式そろえるのはお金がかかるし、40代になって一からできるのかと不安でしたが、何度か道場に見学にいくうちに同じ年くらいの方も稽古に励んでいる姿を見て挑戦しようと思いました。

剣道をやってみてよかったこと

一番よかったことは、仲間が増えたことです。今までは仕事の仲間や昔からの友人としか付き合う機会がありませんでしたが、今は剣道を通しての友達ができました。みなさん親切に色々と教えてくださり、とても楽しい時間を過ごすことができています。その他にも、竹刀を振っていることで日ごろの嫌なことを忘れられたり気持ちがリフレッシュできます。運動習慣がついたことで、体も心もすっきりし仕事にも新たな気持ちで取り組めています。

私の今後の目標について

剣道では習熟度によって段を与えられます。それには段審査を受けなくてはなりません。今の私の目標は段審査を受けて初段に合格することです。そのためには、まだまだ稽古が必要ですが、目標があるということは非常にいいものです。しばらく忘れていた若いころの気持ちを思い出しました。もっとうまくなりたい、目標に到達したいという思いをもって日々剣道をしています。最初は迷いましたが、今は始めて本当によかったと思っています。

筆者プロフィール
年代 40代前半
性別 女性
趣味 食べ歩き
地域 山形県

著者が利用したサービス:剣道の武道具店で購入しました
※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

関連記事一覧

Loading Facebook Comments ...
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。