男が趣味でパンを作りを始めたきっかけ

小麦粉が勿体無い!

パン作りを始めたきっかけは、賞味期限切れの小麦粉が余っていて捨てるのも勿体無いのでパン作りをしてみようかと思ったのが始まりでした。
その時は趣味になるとも思っていなくて、試しにという感じて作ったのですが、これがなかなか面白くて、またやってみたいと思うようになったのです。

入門は食パン作り

パンを食べるだけでしたらお店で売っているものを買ってきたほうが早いですし、味も安定しているのでわざわざ手間を掛けて作ることはありません。
しかし、自分で作ったものだと思うと美味しく感じられますし、作り方によって味が変わってくるのが面白くて一度パン作りをするとハマってしまう魅力がありました。
最初はレシピを見ながら食パンを作るところから始めたのですが、今では色々なものに挑戦をして楽しんでいます。
費用の面では手間も考慮すると絶対にパン屋で購入したほうが良いのですが、趣味として考えてみればかかる費用はたかが知れていますから、楽しむことができる人からすればお金のかからない趣味ではないかなと思います。

趣味を楽しみ食費を浮かせる

パン作りをすること自体を楽しんで、その後にパンを食べれば気分的には趣味にお金をかけて食費が浮いたという感じになりますから、逆にお得感があったりするほどです。
なかなか上手くいかないことも多いのですが、それだけに今回は上手くいくだろうかと考えながら作るのは楽しくて、上手くできたときの喜びは言い表すことができません。
始めるに当たって特別ハードルも高くないので、おすすめできる趣味ですね。

筆者プロフィール
年代 30代
性別 男性

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。