毎月違う本が読める楽しみ:絵本クラブ

毎月違う本が読める楽しみ

絵本クラブは年齢にあった内容の絵本が、毎月送られてきます。自分で本屋へ行って選ぶのもインターネットで選ぶのも時間が掛かります。子どもを連れて行けばなおさら、自分の好みの本ばかりになってしまい、広がりがなくなります。そこで選んでみたのが絵本クラブで、実際に購入してみて良い点は親が選ばないようなさまざまなジャンルの絵本が送られて来ることです。子どもも本が届くのを毎月楽しみにするようになり、本を読むことが好きになりました。

年齢が高くなると好みが分かれる

0歳から小学6年生までが好む本が送られて来る絵本クラブは、まだ字の読めない子どもにとってはありがたいサービスです。ですが、自分で読めるようになると自分で本を選びたくなり、送られて来る本にそれほどの興味を持たなくなってしまいました。月に2冊から4冊届く本も、読むのは1冊だったり2冊だったりと読まずに積み上げて置くだけになります。悪い点といえるのは、こんな本が読みたいと要望を出せないことでしょう。

子育て中には最適です

おすすめできるポイントは、子どもが小さい子育て中の親には最適なサービスです。とても本屋に行って絵本をゆっくりと選んでいる時間も心の余裕もない時期なので、絵本クラブから本が届くのは親にも子どもにも良いことです。ほんの数分でも声を出して子どもに本を読み聞かせるのは、親としての幸せを感じられる時間でもあります。いろいろな本を読むことで興味を持てる範囲も広がりますし、その後の本選びにも役立ちます。

絵本クラブ

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。