歴史的なお味を堪能しました。(ラ・メール)

歴史的なお味を堪能しました。

ラ・メールといえば志摩観光ホテル内のレストランにして、伊勢志摩サミットを担当した女性シェフの樋口宏江さんのいるところです。せっかく来たからには超一流の味を楽しみたいとこちらを利用しました。伊勢志摩サミット記念ディナーというのもありますが、さすがにお値段38,000円は難しく、ランチでの利用です。それでも十分に大統領や首脳気分を味わえたのではないでしょうか。ランチだと10,000円前後でいただけます。

海の幸が盛りだくさんです。

“ランチでいただいたのが海の幸ランチ15000円前後、その名の通り鮑やイセエビなどの海の幸がたっぷりです。どちらをメインとして選ぶかで金額は多少変わってきます。

もっとお得にというならビアンヴニュが人気です。こちらは鮑やカニや海老が入った海の幸カレーとサラダとスープ・デザートにコーヒーか紅茶が選べて7,200円と盛りだくさんで楽しめるでしょう。スープは1000円程度追加するとイセエビのクリームスープに変更可能です。”

伊勢志摩サミット記念ディナー

因みに伊勢志摩サミット記念ディナーはイセエビも鮑も両方共に入った豪華な物で、ワーキング・ディナーでのお食事をイメージしたメニューと成っています。例えばイセエビクリームスープに鮑のポワレ・松阪牛にミルクチョコレートや柑橘のマリアージュといったデザート、そしてコーヒーか紅茶・エスプレッソのお飲み物が付きます。サミットのロゴマークがイメージされた記念ランチも有る為、とても気に成る所です。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。