料理系YouTuberになってみてわかったこと

料理系YouTuberになるメリットとデメリット

料理系YouTuberをやってみてわかったことは、自分が考え出した自慢の創作レシピを、動画を見てくれる視聴者の方にすぐに発信することが出来るところです。また動画を見ての感想を瞬時に聞けることが最大のメリットだと感じます。工夫して撮影する技を身につければ、同じ料理でも角度によって美味しそうに撮影できたりします。何度も投稿しているとリピーターの方が増えるようになり、料理のリクエストを頂けたりするようになるので、モチベーションがさらに上がって視聴者とのコミュニケーションがとれるのも魅力です。
ただしYouTubeには評価機能が付いているので、低評価の数が多いと落ち込んで撮影意欲が削がれてしまうことがたまにあります。コメントにも心無い中傷を書かれたりすることがあるので、動揺しないメンタルを持ち合わせた方が長続きしやすい趣味となります。

撮影を始めるまえに必要なこと

撮影に必要な機材の準備をしておくこと、また動画に説明文を添えられるように動画編集用ソフトを用意しておくとスムーズに作業が進みます。

おすすめな機材

撮影におすすめな機材は、Nikonのデジタル一眼レフカメラとVILTROXのプロ三脚です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。