国立西洋美術館

国立西洋美術館

ル・コルビュジェ展

世界遺産に選ばれたことが記憶に新しい上野にある国立西洋美術館。
現在、ル・コルビュジェ展を開催中。
1階にはコルビュジェが手掛けた有名建築の模型が展示されていて、撮影も可能。
模型は、邸宅の内装まで細かく作られており、そこで暮らす人々に想像を巡らす事ができる。
実際にコルビュジェが設計を手掛けたこの美術館で見る事ができる贅沢。
イヤホンを借りれば各建築物の説明を聞く事ができる。
驚いたことに、コルビュジェは絵画もやるらしい。とてもモダンで、当時は最先端のお洒落な絵画だったのかも。
コルビュジェ展は5月19日まで。
入場料は1600円。

美しい中庭

写真は美術館の中庭。
行った時は雨が降っていて緑が濃く、返って庭全体が輝いて見えた。
全面ガラス張りの窓から見えるこの中庭も、コルビュジェの設計から産まれたことを思うと、その創造力には驚嘆せざるを得ない。

常設展だけでも見る価値はあり!

常設展にはモネの絵画などが収蔵されており、有名な「睡蓮」も見る事ができる。
他にも「並木道」や、「しゃくやくの花園」など一度は見ておきたい名画が展示されている。

ぜひ皆さんも一度訪れてみて下さい!
おススメです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。