古稀殿(こきでん)利用に至ったきっかけ

古稀殿(こきでん)利用に至ったきっかけ

家族で、今まで多くのレストランを利用してきました。中華はもちろんのこと、イタリアンやフレンチなどの食事だけでなく店の佇まいとスタッフのサービスを経験し、提供される食事の見た目や香りや味はもちろん、携わるスタッフの席までの案内やオーダーの取り方などの対応、建物や内装や家具や照明を楽しませてもらってきましたが、インターネットの検索で古稀殿(こきでん)についての記事を偶然見つけて興味を持ちました。評価の高かったこのレストランにぜひ行ってみたいと思い、行くこととなりました。

古稀殿の良い点と悪い点は

古稀殿は港区高輪にあり、品川駅が最寄り駅のグランドプリンスホテル新高輪のレストラン棟地下2階にあります。店の理念と概念は、凝縮した美味が光る伝統的な広東料理を楽しんでもらうために、大人数の宴会からプライベートや祝い事や接待などに対応した大広間と個室で、料理と場所を提供することです。理念と概念どおりにこのレストランの良い点は、雰囲気がとても落ち着いた空間にて、豊富な知識と経験を有するスタッフのサービスが受けられ、目と鼻と舌を堪能する料理を楽しむことです。悪い点を見いだすことはできませんでした。

古稀殿を利用した感想は

品川駅や高輪周辺には有名なレストランや星を獲得するような名店が軒を連ねています。その中で高評価を得たこのレストランはさぞ敷居が高いと思う方もいるかもしれませんが、実際にここを利用するとスタッフのひとりひとりのおもてなしの思いが感じられるサービスで、心安らぐ佇まいの中で料理が味わえます。メニューは予算に応じて幅が広くて、アレルギーを持つ方への対応も可能であり、光悦な時を過ごすことができました。ぜひ古稀殿をおすすめします。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。