全身の筋肉を効率的に鍛えられる登山

登山をしてみて感じた良い点

登山には昔から興味がありながらもなかなか腰が重くて始められなかったのですが、友人に勧められたことがきっかけで始めてみました。実際にやり始めてみて感じたおすすめできるポイントは、全身を鍛える上で非常に効率が良いという部分です。登山は筋肉量が多い下半身を鍛えられるスポーツで、下半身を鍛えることで基礎代謝を上げることができます。基礎代謝が上がれば全体のインナーマッスルが強くなり、効率的に身体を鍛えられるということに繋がっていきます。

登山をして感じた悪い点

身体を効率的に鍛えられる反面、身体や精神的な負担が大きいスポーツでもあるため、しっかりとした準備をしないと怪我などを招いてしまう恐れがあります。山から降りてきた後や次の日は異常な疲労感や筋肉痛が起こるので、あらかじめ山を登る日の前後のスケジュールは楽にしておかないと日常生活に支障が出てしまいます。また、遭難してしまうなんていう可能性もゼロではなく、装備品やサポートメンバーの確保なども抜かりなくやる必要があるので、始める上で手間がかかるという点は少し懸念する部分です。

登山をする上でかかるコスト

登山をする上でまず必要になってくるのは装備品で、専用のトレッキングシューズやリュックサック、レインウェアや冬であれば防寒具など、全てを実際に購入するとなるとそれなりのお金がかかってきます。特にトレッキングシューズは安いものでも1万円前後するので、始めるとなったらそれなりの費用が必要になってきます。また、本格的にやろうとすると更に道具が必要になったり、旅費もかかってくるので、しっかりとした下調べは欠かせません。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。