フランスの「モン・サン・ミッシェル」の美しい景色に感動

フランスの「モン・サン・ミッシェル」の美しい景色に感動

海に建つ古城は幻想的な風景

1976年公開の「ラストコンサート」で撮影舞台になったフランスのモン・サン・ミッシェルを訪れました。これまで海外旅行をしたことが無かったのですが、夫から撮影地を見に行ってみようと提案されたことで思い切って行ってみました。世界遺産にも登録されている場所であり、パリから観光バスツアーもたくさん出ているのが良い点です。中世ヨーロッパの古城内を歩けることがおすすめできるポイントになっています。

城内に滞在できる時間が限られている

モン・サン・ミッシェルはサン・マロ湾内の干潟にある小島で、潮が引いている時間帯しか向かうことが出来ません。そのため、朝10時から午後2時までという限られた時間内にしか島や修道院などの見学は出来ないようになっています。世界遺産にも認定されているフランス有数の観光地でもあり、1度の入場で50分間しか内部見学が出来ないという制限が悪い点に挙げられます。もう少しゆっくりと見学したかったです。

古代の息吹を今も体験できる場所

「モン・サン・ミッシェル」の見学料金は大人1名で24ユーロ(日本円で約4800円)ですが、私達夫婦はパリから観光バスツアーに参加をしたので、バス代も混みで40ユーロで現地を訪れています。11世紀に建てられた修道院がある小島は、ここだけが今も古代の姿を残しており大都市フランスに居ながら過去へと時間旅行をした気分に浸れました。美しい海との共演も見事で、ヨーロッパ旅行で歴史の増資を深めたいとお考えの方にはおすすめしたい場所です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。