スノボで大変と思うのは、うまく曲がれないことです。

はじめたきっかけ

スケボーをしてましたからね。ですからスノーボードも必然的にやるもんだって思ってたんです。もっとも気軽にできるところに雪山がなかったのでデビューは高校生になってからでした。スケボーでけっこういい線いってたのでそれほど違和感はないというか、ホントはありありでしたね。やっぱり最初は初心者ですよ。スケボーに慣れてたら逆に難しいかも…そんな風に思いました。

スケボーみたいに蹴らなくてもすいすい滑っていくしスピード感がまるっきり違うんですよ。ここが一番の違いでしたね。それにどうしてこけたのかわからないくらいこけましたし。その分なんとかしてやろうって、やる気に火が付いてがんばりました。こういうのってこけた分だけ上達すると思うんです。今は何とかサマになったくらいですが、スノボはスケボー以上に奥が深いですよ。

でもここが大変

スノボで大変と思うのは、うまく曲がれないことです。これってスケボーで慣れているひとなら特に難しく感じるんです。曲がる感じは一緒でしょ?と思う人は多いんですけど、違うんですよ。スノボのほうが何をするにしてもクィックなんです。これは抵抗の問題なんでしょうね。だからそこに慣れるまでがすごく大変で…。

それが、慣れてきて、ターンなんかが思うように決まってくると途端に面白くなるんです。というかスケボーに戻れなくなる感じで病みつきになりますからね。そういった感覚をスノボは教えてくれて、上から下までうまく滑れるようになると雪山を制覇したような気分になるから不思議ですね。

スノーボードはスキーと違って手ぶらで滑るので、危険が伴いますから、スキーと一緒でまずはスクールなどで上手にこけることから習った方がよいですね。そこから始まって後は勢いでもなんとかなるのですが、怖さを払拭しながら無理をしない滑りで楽しむようにしてください。

筆者プロフィール
年代 20代
性別 女性

著者が参考にしたサイトスキー市場情報局
※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

関連記事一覧

Loading Facebook Comments ...
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。