シドニー発のモダンタイレストランLongrain(ロングレイン)

シドニー発のモダンタイレストラン

Longrain(ロングレイン)は、三越伊勢丹トランジットが恵比寿ガーデンプレイスタワー39階にオープンさせたモダンタイレストランであり、2000年に開催されたシドニーオリンピックの観戦に訪れた際に開店間も無い本店に来店した事がある事から懐かしくなり来店しました。本店では、ラウンジバーでカクテルを楽しんでから倉庫を改装したダイニングルームに移動しましたが、日本のLongrain(ロングレイン)は全面ガラスの開放的なダイニングルームが印象的です。

リーズナブルなプライスで楽しめるロングレイン

Longrain(ロングレイン)は、タイの伝統的なレシピをベースにオーストラリア人の好みにアレンジされている事から辛さを抑える一方で旨味に比重をおいた料理となっており、タイの伝統な料理とは一味違う料理を見た目も美しく提供してくれます。ディナーには、ミャンカムやクラインタイガーなど10品のコース料理などが5,500円からあるだけで無く、バーミーヘンやパッタイ及びグリーンカレーからメイン料理が選択出来るランチが2,800円から堪能出来ます。

75種類のワインが取り揃えられているロングレイン

Longrain(ロングレイン)は、恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に位置する事から東京スカイツリーも臨む事が可能な美しい夜景を楽しむ為に75種類にも及ぶワインが取り揃えられています。一般的には、タイ料理とワインの組み合わせは意外に思う方もいますが、オーストラリア風にアレンジされている料理に合う銘柄を厳選しているので予算や好みに合わせてチョイス出来ます。また、ビールやカクテルも数多く取り揃えており、仲間と共に個室で楽しむ事も可能です。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。