クレーン射撃をはじめて集中力が鍛えられました

集中力があがり、気持ちが落ち着きます

若い頃から射撃を行っている夫に誘われて、私もクレー射撃を始めてみました。散弾銃なんて物騒なものを実際に扱うのは当初は怖かったですが、始めてみると簡単に引き金が引けてルールさえ守ればスポーツの一種と楽しめるのが良い点です。おすすめできるポイントは、クレーが発射されるタイミングを見計らうので集中力が養われるというところです。おかげで今では周りが騒々しくても、集中して落ち着いた行動を取れるようになりました。

1発撃つごとにお金が掛かる

射撃をしていて感じる悪い点は、練習場でも1発ずつ撃つごとに1200円の銃弾代が掛かるというところです。ゴルフの練習場のように一定金額のお金でボールが出てくるのではなく、必ず弾は1弾ずつ購入しないといけないので、練習時間だからといって好きなだけ撃てないのはフラストレーションが溜まります。空砲だけの練習も認められておらず、ルールを重んじることが多いのも自由度が少なくて息苦しく感じる点です。

仲間で海外遠征も楽しんでいます

実際に購入したものは、イヤーマフとゴーグルだけで料金は5000円しか使っていません。射撃用散弾銃は毎回クレー射撃場でレンタルしており、この時にレンタル料金を5000円支払っているだけです。今では仲間たちとハワイ・ロサンゼルスにも行って現地の射撃場で腕試しをするほど活動的になりました。一見すると危ないもののように感じますが、気持ちを落ち着かせて嗜むという点では座禅と似ており、奥が深くて良いものです。アクション映画が好きな方にもおすすめしたいです。

※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。