クルーズ旅で釜山に行って素晴らしい思い出作りが出来ました

旅行に行ったきっかけ

30年間銀行勤めをしていた主人が定年退職したので、退職祝いに豪華クルーズ船で行く釜山旅行に出掛けました。釜山を選んだ理由は、主人が韓国ドラマが大好きだったからです。飛行機だと最寄り空港から2時間程度で韓国に行けますが、それだと旅を満喫出来ないだろうと考えて船で高知・鹿児島に寄航しながらのプランにしました。これまでゆっくりと旅行をしたことが無かった為、主人も私も出発前まで子供のように楽しみでした。

実際に行動を起こすまでどうだったか

今回利用をした豪華クルーズ船は6日間という長期旅行でした。私は大腸がんを患った身なので、長期間の海外旅行に体が耐えられるのかとても心配だったのが事実です。主治医に相談をしたところ、常備薬を持ってきちんと休息を取れば問題はないと言われたので旅行に行くことを決めました。1ヶ月近く予約を取ることに悩んでいましたが、娘や主人が大丈夫だと念を押してくれたことも安心できる要因で感謝しています。

クルーズ船の釜山旅行はオプションも豊富

私が参加をしたダイヤモンド・プリンセスで行く釜山旅行は、釜山に到着するまでの間に高知と鹿児島も観光が出来るオプション付きで楽しめました。港から専用バスに乗り込んで名所に行くので、疲れることもなく道に迷う心配もないのが良かったです。船内では毎晩ジャズや歌謡曲のライブやカジノを模したゲームコーナーもあって、旅の期間中は寝るのがもったいないと思うほど様々なイベントを旅行会社が計画してくれました。憧れの釜山観光も出来て素晴らしい思い出が出来たひと時です。

筆者プロフィール
年代 60代
性別 女性
地域 兵庫県

著者が利用したサイト阪急交通社
※ページ内に使用している画像はイメージです。本文と異なる場合があります。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。