オンラインサロンを開設してみた

ビジネスとしての気構えを持つことが大切

副業の一環としてオンラインサロンを開設してみましたが、率直な感想としてはやはりビジネスは一日にして成らずということでした。趣味として始めたブログの読者が一定の規模に達したことを体感したため、自分の専門分野で勝負していこうとか決意してオンラインサロン運営に行き着きました。そこで実感したのは、オンラインサロンを運営していくことの難しさです。ブログは自分の興味関心がある分野についてある程度自由に書くことができますし、更新頻度も自分の匙加減一つです。対してオンラインサロンは参加料を徴収しているため、より参加者を意識した運営が必要となります。参加者にとってメリットのあるように内容を充実させることを意識しなければならないため、ブログよりも経営的な能力が必要になるのだと痛感させられました。

ターゲット層の明確化

どのような人たちをオンラインサロンのメンバーと見込み運営していくか、準備段階でよく検討しておく必要があります。

おすすめ

日本最大規模のオンラインサロンを運営している、お笑い芸人の西野さんの著書はおすすめできる書籍です。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。