いざトレッキング できれば準備からしっかりと

慣らしハイクでぼちぼちスタート

一般向けの日帰りトレッキングコースだから大丈夫、と思い込むのはいけません。子供でも歩ける場所ですが、ならば大人には楽かというとそうでもなく、距離のみならずアップダウンもしっかりあります。自分のペースでゆっくりでも歩ける場所ですし、季節の景色や植物が目を楽しませてくれますが、こまめに休憩を取りながら進むにしても体力が必要であることに変わりありません。

そのための準備として、日々の体力づくりは欠かせません。毎日激しいトレーニングをするということではなく、スポーツジムなどに通わなくても大丈夫です。定期的にしている散歩のペースを上げてみたり、いくつかのストレッチを加えながら続けるだけでも効果的ですし、こうして体を慣らしておくだけでも、トレッキングではきついと感じる場面が少なくなります。

これだけでも随分違うモノとは

どんな登山コースを歩くにしても、違いが出るのが靴です。履き慣れた靴であることは当然ですが、スポーツシューズなら何でもいいのではなく、靴底がしっかりとしてグリップがあるタイプがおすすめです。

さらにもう一つが、足の疲れ具合を左右するインソールです。厚みも欲しいですが、低反発や高反発など様々な素材から足と靴に合うものを選んでおきましょう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。